1. ホーム
  2. レーザー彫刻盤

レーザー彫刻盤

レーザー彫刻盤は大幅の産業に広がっています。様々な材質の彫刻に用いれます。用途によって、木工用彫刻盤、金属彫刻盤などに分けられます。
当社は中国に立地される経験豊かなレーザー彫刻盤のメーカーです。レーザー彫刻盤モデルをいくつか選択できます。コンピュータ写植、レーザー彫刻、 高オートメーション、速い彫刻速度および便利なオペレーションなどの特徴なので、当社のレーザー彫刻盤はスタンプ製作、トロフィー製作、贈り物、広告など の分野で広がるようになります。

1. ドット・マトリクス彫刻
ドット・マトリクス彫刻は高解像度ドット・マトリクス印刷と似ています。レーザー彫刻盤のレーザーヘッドは左右に移動し、一連のドットによって作られたラインを形成しています。レーザーヘッドは上下に移動し、たくさんのラインを彫刻します。全てのページで写真や文字が成形されます。ドット・マトリクス彫刻は写真や文字、及びベクトル写真や文字の走査に適しています。

2. ベクトル切断
ドットマトリクス彫刻と違って、ベクトル切断は写真や文字の外形線の彫刻に用いれます。木材、アクリル、紙などの切断や各材質の表でのマーキングによく用いれます。

3.彫刻速度
彫刻速度はレーザーヘッドの移動速度を指し、IPS (インチ毎秒)とよく書かれます。高彫刻速度は高生産効率を意味します。特別レーザー強度で、彫刻速度が短ければ短いほど、切断彫刻の深さも深くなります。この速度はレーザー彫刻盤のパネルあるいはコンピューターのプリント・ドライバを通じて調整されます。

4. 彫刻強度
彫刻強度は資料表面上で放射されたレーザーの強度を指します。一定の彫刻強度で、強度が強ければ強いほど、切断や彫刻は深くなります。彫る強度は、レーザー彫刻盤あるいはコンピューターのプリント・ドライバのパネルを通じて調整されます。

5. スポットサイズ
異なる焦点距離のレンズを通じて、レーザービームのライトスポットサイズを調整できます。小スポットレンズは高解像度彫刻に用いれ、大きなスポットレンズは低解像度彫刻に用いれます。2.0インチのレンズを備えたレーザー彫刻盤はすべての種類の状況に適しています。

6. 適用材質
当社のレーザー彫刻盤は木製品、ブレキシガラス、金属板、グラス、石材、水晶、こーリアン、紙、ダブルカラーボード、アルミナ、皮革、樹脂など材質に適します。

レーザー彫刻盤の安全操作について、次のような提案を申し上げます。
a. レーザーを直視することを避けます。
b. 制御可能な範囲でレーザーを使って、警告サインを提供します。
c.レーザー彫刻盤は無断使用禁止。専門家によって操作しなければなりません。
d. 適切なレーザーアイウェアを着用してください。
e. 人体はレーザ光や反射範囲に入るべきではありません。
f. 必要しない反射物を移動してください。例えば、金属材質は加工対象に遠く離れさせます。
g. 加工対象のあたりのエリアをカバーしたほうがいいです。
h. レーザー彫刻機は、人間の目と同じ高さに設置してはなりません。
i. 作業環境の通気性を注意してください。

ISO9001:2000認定のレーザー彫刻盤メーカーとして、当社はレーザー彫刻盤、レーザー切断機、レーザーカーマを製造します。もっと情報、ご気軽にお問い合わせください。

GD Han's Yueming Laser Tech Co., Ltd.

郵便番号: 523808
電話番号: +86-769-22705851
ファックス: +86-769-22703894